「終活」するなら新しいお墓の形「納骨堂」について知ろう

buried ashes

選ぶ際のポイント

temple

管理費と契約期間

納骨堂には色々な種類があるのでかかる費用も様々です。ここで何も考えずにとにかく安いところを選ぶと失敗してしまうので注意です!
これまでの普通のお墓が200万円ほどかかるのに対し、納骨堂の相場は50万円ほどだと言われています。
納骨堂は一番安いもので5万円から、一番高いもので普通のお墓と変わらない200万円ほどです。
しかし納骨堂は最初に支払うこれら使用料の他に毎年「管理費」がかかります。普通のお墓と違って手入れなどの手間がない分、こういった管理費がかかってくるんですね。
また、納骨堂の多くは一定の契約期間を定めている場合があります。一定期間が経過したり管理費を支払わなかったりすると合葬墓で供養されることになります。
納骨堂を選ぶ際にはあらかじめ使用料以外に管理費がいくらかかるのか、契約期間はいつまでなのかをしっかり確認しておく必要があります。
また、案外大切なのが管理してくれる管理者の人柄ですね。納骨堂は施設なので、参拝に行った際などに顔を合わせることもあると思います。
契約の更新の際などにも話すことになると思うので、この管理者の人柄と言うのはとても大切になります。大切な遺骨をしっかり管理してくれそうな信頼できる人を選びたいですね。
納骨堂はこれまでのお墓とは違い都心部にあることが多いのも特徴です。駅からのアクセスも抜群のところが多いのが納骨堂の魅力の1つ。
せっかく納骨堂を選ぶのであれば駅から遠いところなどはやめておいた方が良いでしょう。