「終活」するなら新しいお墓の形「納骨堂」について知ろう

buried ashes

終活を考える

car carrying the coffin

納骨堂の資料などもこちらのサイトから請求できるのでオススメです。

最近話題を集めている「終活」についてご存知でしょうか。人によって色々な生き方が認められるようになった現代で、自分の最期も自分らしく決めたいと言う人が多くなってきました。
そんな、最期は自分らしく終わりたいと考える人が自分の最期に向けて準備を行うことを「終活」と言います。
終活の適齢期は65歳とされていて、現在の日本の65歳のうちの64%の人は一人暮らし、もしくは夫婦だけで暮らしています。
旦那さんやお嫁さんが先に他界してしまったり、ずっと一人で暮らしていると、自分の最期の時はどうなるんだろうと気になりますよね。寝たきりになった後の介護のことや、遺産のこと、葬儀のこと…気になる問題は山積みです。
終活をしている人の中でも注目されているのが、お墓についてです。実はお墓はいつまでに建てていつまでに納骨をしなければならない、などの明確な決まりはありません。
しかし早く故人を安心させてあげたいと言う想いや世間体から、一般的にお墓は早く建てたほうが良いと言われているんですね。
そのため、生前からお墓を購入してしまう人がかなり増えてきました。とは言っても、一人暮らしだったり夫婦のみの生活となると、お墓を建ててもそれを管理したり引き継いだりする人がいません。
そこで注目されているのが「納骨堂」です。納骨堂とは骨壷に遺骨を入れて安置しておく施設のことですが、最近ではお墓型の納骨堂や仏壇型の納骨堂も出来てきて、新しいお墓の形として注目されています。

子供への負担が少ない

man standing next to the coffin

納骨堂を利用しようと考えた場合、一体どのようなメリットがあるのか?非常に幅広いメリットが有る納骨堂ではありますが、その中でも特に大きなメリットの一つというのが、管理の手間の軽減です。

選ぶ際のポイント

temple

失敗しない納骨堂の選び方は、まず管理費を含めた値段を把握することです。また、契約期間がいつまでなのかはしっかり調べておくこと!後から後悔することのないようにしたいですね。

口コミをチェック

woman at temple

まだまだ一般的とは言えない納骨堂。利用するには少し勇気がいりますし、不安も沢山あると思います。もちろん最終的には自分で見て決めるのが一番ですが、利用者の生の声である口コミはとても参考になりますよ!